脱毛サロン

脱毛エステサロンってなんでしょう?エステサロンの中でも、その名のとおり脱毛専門のエステサロンです。 ムダ毛の処理は自己処理でいいのでしょうか?いいえ、決して自己処理はしてはいけません。お肌の為にも、美しさの為にもです。そのためにあるのが脱毛エステサロンなのです。女性の約90%が部分的に脱毛したいと感じているらしく、スネや肘から下、ワキやVライン、おなか周りや背中とそれぞれです。そのような人は脱毛専門エステサロンがお勧めです。 脱毛エステサロンは専門サロンとも呼ばれ、総合エステサロンのように、脱毛のあとにフェイシャルエステや痩身エステ等の他のエステを薦められる事は殆どありません。他の部位の脱毛に誘われることはあるかもしれませんが、断ればいいのです。そして、総合エステサロンは会員制にしていることが多く、脱毛専門エステサロンは1部位いくら、終ればそれまでということになります。なにせ、脱毛する毛が無いわけですから・・・。 脱毛専門エステではキャンペーン価格を設定しているところも多いようです。会員制ではないので、会費トラブルもありません。そういう意味では脱毛だけでよいのなら、専門エステの方が倒産等の危機に合わずにすむので安心です。 脱毛専門とは言ってもやはりエステサロン、施術前後のエステ効果は期待できます。自己処理とは違い、施術の前には痛みを減らすための冷却、保湿を高めるためのジェル等を使用し、施術後も冷却パックを使用したり化粧水のパッティング等を行ってくれます。
光脱毛
光脱毛=IPL脱毛=インテンス・パルス・ライト脱毛とは特殊な光を出す機器の強烈な瞬間的光を脱毛部位に照射する脱毛方法です。これは実は脱毛効果が高いとは言えず、薄い毛、産毛などには効果が得られないケースも少ないとは言えません。この光はメラニン色素に反応するため、地黒、日焼け等の色黒の肌、ほくろやアザに対しても反応を示して、火傷をしてしまう可能性もあります。 ただ、光脱毛の光は弱いので普通の肌には負担が少なく、肌トラブルがおきにくい方法といえます。光はムダ毛だけに反応して普通の肌には無反応ですから、ムダ毛の成長サイクルで成長期のメラニン色素が強い時期に光脱毛を行うと効果が上がります。ある実験で、ピンクの風船に黒いマジックで丸を書いて塗りつぶし、光脱毛の光を当てると、ピンクの風船部分では何の反応もなく、黒丸の部分に光を当てると風船は割れてしまったそうです。もっとつっこんで言えば、黒々としている毛でないと光脱毛の永久効果はないとも言えますが、光脱毛は光のあたる範囲が広いので、1度で広範囲の脱毛が可能です。ですから短時間で安いコストになるのは魅力です。 結局、弱い威力でお肌への負担も弱く、しかしお肌へのダメージがゼロになるわけでもなく、永久脱毛の保障もない。光が弱いからこそダメージも効果も弱いということです。 ところで、光脱毛はお肌のダメージを逆に良くするという効果もあるのをご存知ですか? 永久脱毛を確約できなくてもスベスベお肌で半永久的な脱毛を低コストでお望みならば、光脱毛という選択肢は良いでしょう。
ニードル脱毛
ニードル脱毛に使うのはプローブという細い針です。このプローブを毛穴に挿入して極微弱な電流を流し、発毛組織を電気熱によって凝固させる、これがニードル脱毛と呼ばれるものです。現在はこのニードル脱毛、施術をしてくれる脱毛エステや医療機関が減ってきています。ニードル脱毛には資格を持つ技術者が必要で、その技術者を常駐させるメリットが減ってきているからとも言われています。 ニードル脱毛はメラニンとは関係がないので、白髪でも金髪でも脱毛することが出来ます。日焼けしていても関係なく、1本1本施術するので永久脱毛としては確実です。 しかし、1本ずつ施術するということは時間がものすごくかかると言うことでもあります。 時間がかかるということはコストもかかるということです。光脱毛やレーザー脱毛のように範囲で1度に脱毛することを考えれば、同じ範囲の処理を1本ずつ行うと1時間くらいは違いがでるでしょうか。また、ニードル脱毛は毛穴に針を挿入して弱いとは言え電流を流すわけですから痛みを伴います。この痛みに耐えられずに、途中でやめてしまう人も多いようです。痛みを緩和するためには局所麻酔があるのですが、これを使う場合は医療行為になってしまうため、脱毛エステサロンでは施術が出来ない事になります。どうしてもホクロやアザ、日焼けがある部分だけをピンポイントで行うならば多少の痛みを我慢して大手脱毛サロンで施術してもらうことも良いでしょう。 日焼け範囲が大きい部位の場合は局所麻酔をして医療機関で脱毛を行うのが良いといわれていますが、麻酔のコストも計算に入れなければいけないということを忘れてはいけません。
プラズマ脱毛
プラズマ脱毛とはキセノンフラッシュ光線という光を利用した脱毛法で、痛みも少なく1回の施術で80〜100本のムダ毛を処理することが出来るので施術時間も短く、現在の脱毛エステサロンでは人気の高い施術法となっています。痛みが少ないのは、広域の波長の複合光線であるため照射時に光が拡散せず、ピンポイントで脱毛を行うことができたり、施術の時に特殊偏光フィルムを使用して光線を整えてから照射するからです。ですから、照射部分はほんのり温かさを感じる程度だそうで、火傷の心配はないようです。 プラズマ脱毛はフラッシュ脱毛やIPL脱毛等の光脱毛とは光源が異なるだけで、分類としては同じようなものですが、プラズマ脱毛は黒いものに反応するため、お肌のシミやそばかす、黒ずみ等をきれいにする美肌効果も期待できます。あくまでも黒いものに反応するのがキセノンフラッシュ光線ですので、白髪や脱色したムダ毛には反応せず効果がでないので事前チェックが必要です。 このプラズマ脱毛、欧米では白人限定で実績がありますが、日本ではまだ導入されて日が浅く、永久脱毛としての効果はデータが少なすぎて確実とは言えない状態にあります。ニードル脱毛、レーザー脱毛に比べると確実に痛みが少ないことや、1度の処理能力から、コストを抑える事ができるので人気が高まっていますが、永久性に疑問が残るということは、追加施術が必要になる場合があり、結果的に他の方法よりもコストがかかってしまうという事にもなりかねないことを念頭に入れておきましょう。